よくある質問

Q、ピアノは弾いたことがありません。楽譜も読めません。ドがどこかもわかりません。こんな私でも弾けるようになりますか?

A、はい、大丈夫です。当ピアノ教室は、今からピアノをはじめたい大人の方へのレッスンを専門にしております。

【入門コース】は基礎の基礎からスタートします。
基本姿勢、楽譜の読み方、鍵盤の位置やタッチの仕方など丁寧にご指導していますので、ご安心ください。
練習動画を見ながらコツコツ練習していただければ必ず弾けるようになります。

30日の習得期間は、最短を目指される方の目安です。
最大90日かけて取り組んでいただけますので、あまり器用じゃない…とご心配の方も、お忙しい方も、マイペースで練習してください。

Q、ピアノは持っていません。どんなものを買えばいいのですか?

A、電子ピアノの選び方について、参考動画をご用意しています。

ピアノをお持ちでない方のほうが多いです。
大人の趣味のピアノであれば、本物のピアノでなく「電子ピアノ」でも十分ですので、ご自宅の環境やご予算に応じて最適なものをご購入ください。
個別のご相談にも対応しています。

ピアノや電子ピアノは無いが「キーボード」なら持っている、という方は、【入門コース】の間はキーボードでも大丈夫です。
まずはお手持ちの軽い鍵盤からスタートされて、入門コースを修了される頃、電子ピアノの購入を検討されてもよろしいと思います。

Q、オンラインのレッスンで、十分に学べるのでしょうか?

A、これからの時代、効率よく学べるオンラインレッスンは、どんな分野でも当たり前になっていくと思われます。

オンラインレッスンのいちばんの課題は「音質」です。
しかし、今からはじめる大人のピアノにおいては、子供のクラシックピアノ教育ほど繊細な部分まで音質を追求できなくても問題ございません。
タイムラグがある点も、練習動画を充実させることでカバーしています。
また、オンラインレッスンだからこその良いレッスン方法もあります。

最初は何かとご心配かと思いますが、マンツーマンレッスンは講師がリードして進めてまいりますので大丈夫。ご安心ください。

Q、ピアノは少し弾けるのですが独学では限界も感じています。申込をしてもいいですか?

A、番外コースもございます。入門コースと比較してご検討ください。

当ピアノ教室は、今からピアノをはじめる方に【入門コース】からスタートしていただいています。
本当に基礎の基礎からゆっくり進んでいきますので、すでにある程度弾ける、楽譜も読める、というレベルの方には合わないかと思います。

ただ、幼い頃から長くクラシックピアノを習ってきた方を除き、ピアノを弾くための基礎ができている方は非常に少ないです。
これから一生の趣味として楽しんでいくために、あらためて基礎からやり直してみたい!という方は、ぜひ入門コースからはじめてください。

入門コースはやさしすぎる気がする…という方には、番外コースがございます。
詳細は番外コースのページをご覧ください。

Q、30日の【入門コース】の後はどうなりますか?

A、修了、または【初級コース】に進んでいただくことができます。

入門コースの内容をすべて習得されれば、市販の初心者向けの楽譜を購入して独学で好きな曲に挑戦していく力がつきますので、修了して卒業していただいても大丈夫です。

しかし、入門コース修了の時点では習得レベルに個人差があります。
課題を完璧にマスターしないと次のステップへ進めないのでは練習が辛くなってしまう方も出るので、まずは楽しく継続して「両手で曲が弾けた!」という喜びを感じていただけるようにしているためです。
その場合、入門コース修了後すぐに独学に切り替えるのは難しいかもしれません。

【初級コース】は、あらためて基礎をじっくり学び直し「聴かせる演奏」を目指していくカリキュラムです。
入門コースを修了されたら初級コースに進んでいただくこともできます。

Q、ピアノには興味があるのですが、不器用なほうなので【入門コース】が30日間で修了できるか心配です。

A、ご安心ください。30日は、最短で修了されたい方に合わせた期間です。

不器用だから…と心配される方もいらっしゃいますし、お忙しくて練習時間があまりとれない方もいらっしゃいますから、受講期間にはゆとりを持たせております。
ピアノのスタート段階では、小さな達成感を重ねていくことが大切です。
無理なく、しかし間延びすることなく、適度な緊張感の中で練習していただけるよう、90日の受講期間を設けています。

開講日から90日間は、入門コースの練習用動画は視聴していただけます。
マンツーマンレッスンも90日後までは予約していただけますので、マイペースで楽しく取り組まれてください。

ピアノ教室BullianStyle
タイトルとURLをコピーしました